光と音と旅人と

ヒーリングサイト「Be Eruca」主宰。本サイトはこちら→https://clay901.wixsite.com/beeruca こちらは幾多の変遷を得た901のプライベートブログです。

2012年09月

大山阿夫利神社へ行ってきました

今日は以前にもレイキクラスやレインドロップ講座を受けていただきましたそよ風さんと、神奈川県伊勢原にあります大山阿夫利神社へ行ってきました。
 ここの神社は何かご縁がありまして、もう今回で4回目くらいになります。
今日は行きの際に、間違えて神社行きではないバスに乗ってしまったのですが、 ラッキーな事に無事大山神社麓まで、とある車に乗せてもらってしまいました。何があったかは内緒。笑

まだ残暑が厳しいせいか、紅葉の時期は沢山いるお客さんも今日はまばらで、ゆっくりと参拝することが出来ました。
a5f864c0.jpg

ところでここのご祭神ですが、今までずっと大山祇神(おおやまつみのかみ、木の花さくや姫のお父さんです)だけだと思っていたのですが、ここの向かって右側にお水を汲める所がありまして、そこは高龗神(たかおかみのかみ・龍神様)でありました。
私は龍神様とご縁が深いので、この神社に惹かれる理由が今更ですが良くわかりました

高龗神様のお水の所です。
cddc59f2.jpg

fc6c6c59.jpg

今回は他に人もあまりいなかったので、2Lボトルに入れていただいてまいりました。笑
いつ来ても気持ちのよい場所です。

ここの奥には、またパワフルなさざれ石や 大黒様の置物等がありますよ。
d59c8014.jpg

お神酒もありましたので、お金を納めてから少しいただきました。

外には菅原道真様の天満様や、娘さんの木の花さくや姫のお社もありました。
写真は木の花さくや姫様です。
7207f181.jpg

この写真はすごく、神様の気配が感じられるような気がします。よく行く近所の子安神社も木の花さんですが、ピリっとした空気の感じが似ているように思いました。

個人的に今変わり目でありますので、神様のお言葉を頂戴したく、おみくじも引きました。
なるほど、なるほど納得なお言葉でありました〜

ところでこのおみくじ、よくある七福神のおまけつきだったのですが、私もそよ風さんも入っていたのは大黒様でした。
このタイプのおみくじは、2人とも大黒様を引く確率が高いという話をしたのですが、2人が大黒様とご縁が深いのか、それとも七福神のおみくじは大黒様の入っている確率が高いのか。笑 どっちなんでしょうね?
お正月の神社のおみくじなんかは凶を減らしている所もあるなんて話も聞いた事ありますけど、他の神様引いた事ある人いたら話してみたいです

少し滞在した後に、ケーブルで戻りました。
帰りは一番前にすわれたので、写真をば。
dd1af20b.jpg

プチ日帰り旅行のような感じでした♪

以前に行った時の写真も、今はほとんど動かしていない私のサイトに置いてありますので
良かったら見てみてくださいね。



福島へ行ってきました

先週末に福島へ2泊の旅行で行ってきたのですが、疲れてしまってなかなかBlogが書けずでした

今回は、福島県のいわきと磐梯を中心に、いろいろと回ってきました。
ただの旅行というよりは、ちょっと前から気になっていたお墓参りだったんですけどもね。

お墓は、私の親類とかではなく…平将門さんの3女である瀧夜叉姫さん。
この方はのちに尼さんになられたそうで、尼さんの名前は「如蔵尼」と言います。
 
一番はじめに繋がったのは、今年の5月か6月頃でしたでしょうか?
夢枕獏さんの小説の、将門さんを題材にした本を読んでいる時に繋がりまして…何やらご供養が必要な感じがしましたので、4月に伊勢に行った時にも使った青春18切符を使って行ってきました。笑 

如蔵尼さんのお墓はいわき市と磐梯の2カ所にあり、とりあえず両方行ってみることにしましたが、行ってみて私が感じましたのは、磐梯の方が本物ではないかなと言う事です。
(いわきにもいた事はあったのかもしれませんが、後に磐梯に移られたという説があります)

始めに行ったのは磐梯のお墓でしたが、行ってみたら事前に行った方のブログで確認した写真とかなり違っていて…夏なせいか草もぼうぼう、かなり荒れた状態でした。

奇麗に手入れされた写真のイメージがあり、お花とお酒等しか持って行っていなかったので どうしようかなと思いましたが、一緒に来ていた旦那さんと一緒に少し離れたトイレと車で往復しまして、手持ちのペットボトルに水をくんでお墓を洗う作業を繰り返しました。笑

でようやっとサマになったかな〜という状態が、こちらです。
3d4eaf5a.jpg

草はしょうがないですね。
お墓は山の中にありました。
d12c934e.jpg

杉の木が上にのびていて、なんだか神聖な感じもしますね。

如蔵尼さんってどんな方?それはこちらを読んでみると 少し分かります。
8f838f5d.jpg

はじめに姿を見せてくださった時にはお姫様の姿でしたが、ご供養をさせていただいた後は尼さんのお姿でした。

江戸時代に流行ったという瀧夜叉姫は、父(将門さん)の死の恨みを晴らすような話なんですが…もしかしたらこの方も生前はそのような恨みの思いに駆られた事もあったのかもしれません。人間ですしね。
ただ亡くなって何百年も経ち、今はそんな思いは消えていることと思います。
優しく強い、金色のエネルギーを感じました。

それにしても、将門さんが亡くなったのって38歳、今の私と同い年。
如蔵尼さんはお父さんが殺されて、福島に逃れ。日々菩薩様を信仰されていたのですね。
こうして足取りを辿っていくと、なんとなくまた如蔵尼さんと繋がるような思いもあり…
どんな気持ちだったのかな、と。
時代もあるんでしょうけど、今からしたら考えられない人生ですよね。
今という日々を1日1日感謝しつつ、大切に生きていきたいなあと改めて思いました。

ご供養が終わった後は、喜多方に移動しラーメンを食べました。
(実は前日から喜多方ラーメンの看板を沢山見ていて、2人ともラーメンモードになってましたw)
ガイドブックに載っていて目指したお店は、タイミング悪くお休み
で、近くにありました「一平」というお店にしました。
あちらでは有名なお店のようで、お昼時なのでちょっと並んでいましたよ。

05453595.jpg

おなかも減っていましたので、おいしくいただきました。笑

次回は、観光の事も書きたいと思います〜。
プロフィール

901clay

Twitter プロフィール
ギャラリー
  • healyで占い
  • healyで占い
  • ヒーリングセッションのサイトOpenしました!
  • 本日サイトOpen予定です!
  • healyレゾナンス
  • healyレゾナンス
  • Clubhouse聞いていただきありがとうございました!
  • 明日は13時からクラブハウスでお話します
  • Starsounds第6稿、更新です
  • ライブドアブログ