光と音と旅人と

ヒーリングサイト「Be Eruca」主宰。本サイトはこちら→https://clay901.wixsite.com/beeruca こちらは幾多の変遷を得た901のプライベートブログです。

2012年12月

Sさんのヒーリングと、飛ぶ練習(スピ)

先日、お客様としてもサロンに来ていただいているSさんのヒーリングを受けました。
Sさんのヒーリングはオリジナルなのですが、これがまた気持ち良く…またいろいろとリーディングもしていただきましたので、その事と合わせて書いてみます。
やっていただいたのは オーラのお掃除、エーテルコードのカットとグラウンディングという内容です。
オーラはだいぶいろんなものを吸着したせいか?^^;疲れてぺしゃんこになってる…と言われまして;
クリーニングした後で形をもとに戻していただきました。
これがすごく気持ち良くて、クリーニングしている間に実際に視界が明るくなってくるのですよね。
これだけでもだいぶ、至福のひとときでありました。
いつの頃からか、プロテクションというのは特にしなくなり、神道式に塩やらお酒等で結界的な事もしていましたが、やっぱりプロテクションも必要だなあと思いました。
なので、この日以降セルフでオーラクリーニングとプロテクションは、瞑想と一緒に日課にしています。人にしてもらう程ではないですが、やると気持ちが良いです♪

エーテルコードはネガティブなものとは繋がっていないとの事。
5本あり、全てマスターや守護天使的な存在と繋がっているとの事でした。
これは嬉しいですね〜 確かにいつも近くにいる神様は分かるので繋がれているというのはありがたい事です。
ネガティブなコード系はくっつくとすぐに分かるので、自分で取っているからかな。
なかったのは嬉しいですね いろんな存在いますから気をつけなければいけないですけど。

この先の展望 未来みたいなのも見てもらいまして、「しばらくは床があるけど 床がない。=可能性が広がっている」と言われました。
「床がないから不安ですよね?」と言われたのですが、この話をしていてピンと来た事がありまして。

実は去年くらいから瞑想をしていると 神様方と繋がる事も増えまして、修行場みたいなとこであちらの世界の事を見せていただいたり、練習みたいな事をする事があるんです。
場所は岩屋の洞窟みたいな場所であったり、滝のある高い所が多いのですが。
滝の水や海の近くでまずは浄化と精神統一をしてから練習に入ります。

そこでしょっちゅうすること、いやさせられる事。それが「飛ぶ練習」なんです。
高い所からばっと飛ぶのですけど、なかなかうまく飛べないのですよね。
ぐーーっと地面すれすれまで下がって持ち直したり、ぐらぐら飛んだり。
たまに落ちてしまう事がありますが、イメージの世界なので傷を負ったりはなく、また練習のし直し。
ついてくれている神様は天狗さんみたいな神様でしたが、最近はちょっと違う西洋風なおじさんが担当みたいで。

これにどんな意味があるのかずっと不明だったのですが、Sさんの見てくださったイメージの話を聴いて、繋がりました。
飛べないというのはきっと私の恐怖心もあってうまくいかないのだと思うんですが、これがスムーズに飛べるようになれば 現実でも思い切って飛べるのかなあと。
(実際に飛ぶって事ではなくって、思い切った決断ができたりとか そういう事です)

今日は物を動かす練習もありました。これは想念で行います。
うまくいきそうですが先入観もあり、なかなかなんですよね、落として壊れちゃったりうまく浮かなかったり。
イメージの世界だから壊れても奇麗に復元するのですが。

マスターできたら楽しそうだし、現実も変えていけそうな感じがしています
瞑想の日課の中で試していきたいなと思います


これまでの振り返りと来年の抱負

Blogを長い間更新していなかったら、あっと言う間に年の瀬になってしまいました!!
時間の流れが加速してますね〜というスピ的な言い訳もしつつ(笑)改めて今年と、今年までの事も振り返ってみようかなと思います。

最近はFacebookによくいまして そちらで勝手に今年のまとめとか作ってくれるのですが、写真等を見返してみると いろいろ悩みはいつもあれど、総じて楽しい年だったなぁと思います。
今年は去年には出来ていなかった音楽が沢山できましたからね♪
クリスタルボウルも演奏できましたし、伊勢や高野山にも行けました。
篠笛も獅子舞やお囃子に参加して、人前で演奏したりも出来ました
もともとは音楽をやっていましたから、こんな風に沢山機会があるのはとっても幸せな事だなと思います

18歳でミュージシャンを目指して東京に出てきて音楽学校へ行きまして、仲間と切磋琢磨しながら毎日練習したりしていました。
学校がスタジオミュージシャン養成校的な所もありましたから、最終的にはジャズの勉強もしたりしました。私元々はピアノ弾きなんですよって言って、今はイメージない人のほうが多いかも?
10年程前に他界されましたが…
ジャズピアニストの鈴木コルゲン宏昌さんや、今や有名人となりました羽毛田丈史さん(鬼束ちひろさんや元ちとせちゃんのプロデュースしています)にも師事しました。
羽毛田さんなんかは、私が習っていた頃は六本木の小さなライブハウスにフュージョンバンドで出たりしていましたよ。
こんな毎日が当たり前に思っていた当時の環境だけど、今思えばなかなかそんな機会ってないのですよね。学校に行かせてくれた親には本当に感謝です。

当時は今と違い、まだ音楽で身を立てるという事 アメリカンドリーム?みたいなのが遠い夢ではない雰囲気もあったので、私も周りの友人達同様にそんな夢を抱いていました。
いろんなチャンスもあり、アーティストではなくスタジオや裏方系としてそちら側へ行けば、今と違う人生であったかもしれないなとも思いますが、何か私は最後の一歩が踏み出せずで 完全にそっち側へ行く事はなかったです。でも20代の頃はちょこちょこ仕事はやらせてもらってました。
出版社でピアノの譜面書きとか、学校の校歌のアレンジ、ゴスペルグループの歌伴や結婚式での生演奏、オケ作りやデビューしたばかりのメジャーバンドの助っ人、おじさんカントリーバンドの助っ人等等
こうして書いてみるといろいろありました。笑
伊豆のホテルラウンジで1ヶ月ピアノ弾きとして泊まり込みで行ってくれみたいな仕事もあって、でも安定志向だった私はその仕事は事務所とトラブった末にお断りして、コールセンターという安定職を選んだのです。生活がありましたからね 1人暮らしでしたし。
このあたりで、音楽で生活していくという道から少し逸れた、分岐点だったのかもしれません。

20代後半くらいからはDJにほぼ転向です。この辺りから今の知り合いの人達に繋がります
DJといっても皆最終的には楽曲をリリースして音楽だけで食べていこうみたいな空気もあり、しばらくはそういう事も目指していました。
が、ご存知2011年の震災で そんな事をする心境にはなれないほどショックを受けましたし、何だか人の夢や希望みたいなのが大きな自然の前ではすごくはかなく思えまして…どうでも良くなり厭世的な心境になってました。
肉体があるのが辛いとか考えていましたから(笑)或る意味この世への執着が薄れた年とも言えましょうか
そんな訳で2011年は音楽よりも、ヒーリングの方に重きが置かれた年でした。クライアント様を施術させていただく事で、自分自身を癒していた所もあったのだと思います。

写真を見ながらそんな事を振り返ったりして、では来年はどんな風にしたいか考えてみました。
ヨガをはじめたいとか生活の中での小さな目標はあったりですが、1つ言えるのはいろんな事から自由でありたいという事です。

自分を縛るもの これはまず経済の事も大きいですが何かしたいと思った時にぱっと自由に(時間的にも経済的にも)動けるような環境にしたいなぁと思っています。
20代もそんな自由な気持ちと余裕があったら、伊豆のピアノの仕事もできたのかもしれません。笑
まっそれはそれで後悔はしていないですけどね。当時は当時の選択で。
正解というのはありませんから これまた自由で。

あとここ数年は自分の力を自分のためにあまり使えていないような風にも思えたので、人や周りの事も大事ですが 自分の事ももっとしっかりやっていきたいなと思います。

スピな内容も絡めようかと思いましたが、別の投稿で書く事にしますね。
なんだかこれまでの人生振り返りみたくなってしまった!笑





プロフィール

901clay

Twitter プロフィール
ギャラリー
  • healyで占い
  • healyで占い
  • ヒーリングセッションのサイトOpenしました!
  • 本日サイトOpen予定です!
  • healyレゾナンス
  • healyレゾナンス
  • Clubhouse聞いていただきありがとうございました!
  • 明日は13時からクラブハウスでお話します
  • Starsounds第6稿、更新です
  • ライブドアブログ