光と音と旅人と

ヒーリングサイト「Be Eruca」主宰。本サイトはこちら→https://clay901.wixsite.com/beeruca こちらは幾多の変遷を得た901のプライベートブログです。

雷雨後のお不動さん

さっき高幡不動に行って雨に降られた事を書きましたが…
おまつりの後にお団子食べたあともっかい行ったら、めちゃ良いエネルギーになっていて 感動したので写真撮りまくりました(笑)

しかしここは龍神様的なのでしょうか
お祭り最中に雨が降って場が良くなるって、龍神様的な感じがしますね。
お寺さんだし、どちらかというと山近なんですけど。

IMG_0151


IMG_0152

IMG_0165

IMG_0166

IMG_0170

IMG_0176

IMG_0178

IMG_0182

IMG_0183

IMG_0187

久々に癒されました(笑)

何があるか分かりませんね!

おまけ
普通の道路も良いエネルギーになっていましたよ。

IMG_0192


雨の恵み。
 幸せ♡

香川 源平合戦史跡巡り その⑥ 洲崎寺

ちょっと間が空きました。
続きましては「州崎寺」です。
ここもまた、「むれ源平石あかりロード」の中にあります。

2015-12-30-12-28-42

□■□■□■□■□□■□■□■□■□

州崎寺

州崎寺は眺海山円通院と号し、大同年間(806〜)に弘法大師により創建されました。
本尊である「聖観世音菩薩」は大師の作と伝えられています。

源平合戦・長曽我部氏の侵攻により焼かれるなど、繁栄と衰退を繰り返し、元禄12年(1699)に再興され、現在に至っています。

源平合戦時、義経の身代わりとなり討死した佐藤継信の亡がらを、戦火によって焼け落ちた本堂の扉に乗せて、源氏の本陣・瓜生が丘まで運ばれたと伝えられており、継信の菩提寺として、毎年3月19日に慰霊法要が行われています。

平成12年に再興300年を記念して完成した庭園は、苔と石で「屋島壇ノ浦の戦い」を表現し、境内壁面に「扇の的」「弓流し」等の合戦のあらましを刻んだ説明板があります。

また、江戸時代 四国八十八ヶ所霊場を庶民に広め、「四国遍路の父」と伝えられている『真念』の墓があります。

□■□■□■□■□□■□■□■□■□

歴史の古いお寺ですね。
源平合戦の時には、佐藤継信や他の負傷した兵士達も運ばれてきたお寺であったそうです。

ちなみに佐藤継信の名前、本やらの表記は「佐藤継信」でしたが、お墓では「次信」となっていました。
どちらが正しいのでしょうね?

ちなみにこのお寺は、四国八十八ヶ所のうちの1つではありません。
なのに、八十八カ所を広めた方のお墓があるのも、不思議な感じですね

2015-12-30-12-29-02
 
2015-12-30-12-28-26
 
 
ここからは、母親が夏に送ってきた写真を…

 2015-08-13-10-37-20

緑が青々としていますね。

そしてこの下2つの写真は、説明書きの最後のほうに書いてあった、庵治石の説明板です。

2015-08-13-10-39-23

2015-08-13-10-40-00

こういったふうに、新しいものと古いものが混在しているお寺でした。
 
あと2つ、下書き記事があります。
もう少し、おつきあいくださいませ 
プロフィール

901clay

Twitter プロフィール
ギャラリー
  • healyで占い
  • healyで占い
  • ヒーリングセッションのサイトOpenしました!
  • 本日サイトOpen予定です!
  • healyレゾナンス
  • healyレゾナンス
  • Clubhouse聞いていただきありがとうございました!
  • 明日は13時からクラブハウスでお話します
  • Starsounds第6稿、更新です
  • ライブドアブログ